本文へスキップ

高知 税務申告・相談、会計指導、巡回監査、経営支援 相続税

私達は、税務・会計の専門家として顧客企業の健やかな発展をサポートします

税務調査への対応 

          関与先の税務調査への対応          
「税務申告書作成に際しての対応・考え方」
次のとおり対応して少しでも税務調査の対象として選定されることのないように努めると共に税務調査による指摘のリスクを小さくするよう努めています。

@毎月の記帳チェックや監査を通じて作成された正確な会計データを基にして申告書を作成するよう心掛けています。相続税申告書についても正確な資料の裏づけを確認した上で申告書を作成することとしています。
A税務申告書の作成に際しては、節税に配慮しつつ税法を正しく適用して誤りのない適正な申告書作成に努めています。
B申告内容全般について、税務調査を行う調査官の視点に立って、一定のチェックを行っており、疑問となった事項については関与先に確認し、関与先に説明し了解を得た上で是正する場合もございます。
Cそして一定のやむを得ない事情が分かった場合にはそれを記録するとともに、その事情等を申告書の説明欄に記載することとしています。
D申告内容に問題がないと認めた場合には、関与度合によっては書面添付制度も活用しています。

「税務調査があった場合の事前対応」
いくら適正申告を心掛けていても定期的な税務調査は避けて通ることはできません。また拒否することもできません。
税務調査の予告があった場合には、関与先の不安を解消するため事前に税理士が関与先に伺って次の事項を中心に打合せを行うこととしています。

@税務調査を受ける場合の心の準備(正々堂々と、気持ちよく、毅然とした態度で対応)を確認します。
A事前に準備する書類を確認し、不備がないかどうか確認します。
B調査のポイントとなりそうな事項を確認し対応策等を確認します。
Cどこまで協力すればよいか、質問にどのように答えるべきかなど税務調査中における対応を確認します。

「税務調査中の対応」
税務調査には必ず立会することとしており、当事者である社長や担当者の不安感や緊張感を取り除くよう心掛け、次のような対応をしています。

@調査官の質問を会社側が誤解することのないよう、質問の趣旨や内容を分かりやすく説明します。
A調査方法や手段、質問内容に行き過ぎがあると判断した場合は、調査官にその旨を申し入れます。
B会社側の説明内容が調査官にうまく伝わるようにフォローします。
Cできるだけ、取引先等への照会(反面調査)が行われないように対応します。

「税務調査後の対応」
@税務署側の指摘事項に対しては、指摘の内容に応じて関与先側の立場で主張し抗弁し、調査官の理解を求めるよう努めます。
A追徴税額が発生した場合の納付資金のことにも注意を払い対応します。

         税務調査の駆け込み寺的な対応         
 税理士に依頼せずご自分で税務申告を行っていた場合や税務申告を行っていなかった場合などに税務調査の連絡があり、どのように対応したらよいかわからず不安でお困りになり、急な対応を依頼される場合もございます。この場合には次のように対応しています。

@まずは相談者と面談の上で、税務調査の状況や経緯、相談者の税務や会計に対する考え方を確認させていただきます。
Aその上で、悪質と認められる脱税を行っている訳ではなく、知識不足や認識不足と認められると判断され、仮に調査が終了後は税理士の指導の下に適正申告を行うと見込まれる場合にのみ対応しています。したがって単発での調査対応はお受けしておりません。
B依頼をお受けした場合には、前述の「関与先の税務調査対応」に準じ、親身になって依頼者の立場に立って対応致します。

お気軽にお問い合わせください

TEL 088-802-4767
FAX 088-802-4768
E-mail niyodot@isis.ocn.ne.jp 

〒780-0870
高知県高知市本町3-6-37かわさき予備校ビル


Facebookページも宣伝
高知の税理士 TKC